2015年09月16日

情報会社のリピート率

多数の情報会社があってもリピート率を公表している所を目にしたことはありません。

仮にあったとしても信憑性を疑うことが必要かもしれません。

今までの経験を基に感覚的ではありますが、想像するに現状は1割にも満たないのではないかと思っています。

会社によっては総入れ替えとなる所もあるかも知れません。

それ故、大半の情報会社にとっては新規募集を行う必要性を求められているのではないでしょうか。

このような背景を考えると、ある意味納得できると思います。

これほどまでに定着率が低いのは、前宣伝と現実との乖離が大きく再度利用しようと言う気持ちが持てないからに他なりません。

何時までもこのような事をやっていると、枯渇するのは時間の問題で誰も寄り付かなくなることになるのは明白であり、当事者である情報会社も重々承知していると思われます。

こんな事態となれば、社名を変えて過去の成績も捏造することにより、新たなカモを探すと言うサイクルではないかと考えます。

また、同時に複数の社名を考案し手を広げた募集を行っている会社もあるので、より慎重な選択を心掛ける必要性を感じています。

悪質な詐欺会社ではないものの、限りなくそれに近いような会社が多く存在している現実を忘れないようにしたいものです。


posted by K at 05:46| Comment(0) | 競馬 情報会社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする