2015年09月18日

競馬情報会社の担当者

勝手に担当者だからと名乗り、今回のオファーはあなたのためだけに行う特別なものだと言ったニュアンスで多くの案件を勧めてきます。

このように自称する担当者の役職は様々で、平社員であったり統括責任者であったり代表者であったりと色々です。

自称している役職ですから事実かどうかなど判る術はありませんが、まず疑ってかかる方が賢明だと思われます。

頼みもしないのに担当者になり、いかにも親切そうに装う態度に違和感を覚えます。

このように感じている直感を素直に信じることが、間違いを犯すリスクを減らすことにつながるのではないかと考えます。

親切心や好意から紹介しているのではないので、相手のペースに乗せられない自覚を持つことが危険を避ける術なのだと思います。

担当者が言うような結果が本当であるならば、常識的に考えて担当者自らが実践し他人には教えたくないものと思うので鵜呑みにはできません。

我が身に置き換えて考えれば判る事ではないでしょうか。


posted by K at 05:56| Comment(3) | 競馬 情報会社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする