2015年10月07日

社○極秘内部情報

意味深な名前の裏競馬情報ですが、内容を見れば見るほどそんな思いにさせられます。

関係者の思惑によって勝利を掴んだ馬は確実に存在しており、それは2,000メートル前後のG1レースの中にあると言う。

仮に13頭の登録馬の内、9頭までが社○関係馬と言う露骨なまでに動いてきた思惑がふんだんに詰まったレースが存在していると言う。

これは何を意味するのかを考えると、導き出される結論は見えてくるのではないでしょうか?

こんな疑惑の匂いがプンプンするような情報の信憑性を考えると、果たしてどうなのかな?と考えずにはいられません。

現在、巨人軍選手の野球賭博で問題になっている事を考えると、競馬業界でもこのような事が発覚すれば大問題となりJRAの威信が揺らぐような事態となり、ただ単に一個人の問題ではなくなるほどの危険性が考えられます。

現実問題一情報会社が扱えるほどの内容ではなく、あくまで空想の世界の中の出来事ではないかと考えるのが自然かもしれません。

極秘情報がそう易々と表に出てくる訳はないと考え、飛びつかない方が賢明だと判断します。


posted by K at 08:09| Comment(0) | 競馬 情報会社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする