2015年10月08日

天下統一情報

毎週のように検証を行っています天下統一ですが、最近になって提供される鞍数が4〜5鞍が1鞍のみとなり寂しさを禁じえません。

無料情報の中でもそこそこ的中を出していたので注目していましたが、そのような意味においては残念でなりません。

1鞍の提供となってからは、馬連と3連複と3連単2種類となっています。

3連単においては、30点予想と180点予想の2種類があり、30点予想の1軸馬が1頭の場合には180点予想の1軸には拾われていないため、1軸馬が絡んだレースだと両方の当たりはない事になります。

実際、9月26日の結果を見ると、30点の方は的中していても180点の方は不的中となっていることからある意図が感じられます。

1レースだけの提供で複数の買目や買い方を告知することにより的中率を上げることができると言う点です。

馬連でも3連単でも何でもよいのですが1つ当たれば提供レースは的中したことになり、後の結果紹介でうそを言っている事にはならないと言った思惑を感じます。

1レースで4種類の買目を示し尚且つ買目も違うことにより的中の幅を広げていることに他なりません。

この事については別にインチキでも何でもなく合法だと言えますが、仮に馬券を購入する側にとってみればどれを買ったらよいのか判らないし、他の券種で当たっていたとすると悔しさが拭えません。

いい悪いを別にしても好きにはなれませんね。

自信をもって提供するのであれば1種類の予想である事が自然のように思えます。

posted by K at 05:16| Comment(0) | 競馬 情報会社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする