2015年10月20日

競馬情報会社の募集形態

情報会社の募集内容も様々な方法があり、課金方法においても各社違っています。

一般的な方法としてポイント購入と言うものがあります。

必要なポイントを購入して自分の判断で好きなレースを選択し情報を取得するものですが、公開されている情報の種類が複数ありそれにより当たり外れは運次第と言った側面があると思います。

また、中には返金保証を付けている会社もありますが、返金と言ってもポイントが返ってくるだけで現金ではないのであまり意味がないと考えます。

そのポイントを使い再度情報を取得して不的中となっても、それ以降のポイントは返ってこないと思われるので馬券費用分が更に膨らむ結果となり何の利益もありません。

個人的にはこのようなポイント制は好きではないためにあえて参加したいとは思いません。

次に、レース指定がされている情報を購入する方式ですが、当たれば何も問題はありませんが、おいそれと当たることは難しく不的中となっても何の保証もない為、情報料金と馬券費用のダブルパンチでいかれることになります。

過去に色々な情報会社を試してみましたがまず当たる事はありませんと言うのが本音です。

ならば、先週試したような成功報酬型の情報ならばよりリスクが低くなるように思われますが、そうではないことがよく判ります。

確かに情報料金としては必要ありませんが、的中後のキックバックの金額が高額となっているため必要な馬券費用がバカにならないからです。

先週の例でいうならば、1点当たりの推奨馬券費用は2万円で3点提供なので6万円が必要となります。

キックバックの金額で逆算すると最低限1点当たり1万円で買わないと、もし的中したら持ち出しとなってしまうからです。

最低3万円の馬券代を支払わなければならない訳ですが、救いとなる事は情報会社に支払うのではなくJRAなのである意味納得できる点です。

納得できると言ってもいかれる事に違いはないので、余り慰めとはなりませんが・・・

posted by K at 06:38| Comment(0) | 競馬 情報会社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする