2016年09月27日

受取拒絶・その後

先回、不要な郵便物を送らないようにと受取拒絶を3社に対して意思表示しましたが、無視された格好で送られてきた会社があります。

その会社とは“達甚”と言う会社ですが、もういらないと言っているにも関わらず、何もなかったように送り付けてくることを考えると常識を持ち合わせていないのかも知れません。

裏を返せば、まともではない事を証明しているようなものですが・・・

迷惑行為をしていると言う認識もなく、機械的な流れだけで送っているのかも知れません。

対抗策として面倒でも毎回送られてきたものに対して送り返そうと思っているので、ある意味我慢比べとなるかも知れません。

受取拒絶シールを貼ってポストに投函しても送料は必要ないので、こちらとしては返送する労力だけが必要なだけなので経済的な損失もありませんから痛くも痒くもありません。

達甚には無駄な行為を行っていると理解させるための意思表示ですが果たして判るかな〜!

posted by K at 06:21| Comment(0) | 競馬 情報会社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする