2016年12月26日

有馬記念

今年最後のG1は取りたかったのですが、ある意味順当すぎて管理人は取ることができず、有終の美を飾る事は出来ていません。

配当額を見ると平凡な金額となっているので多くの人達は取れているのでしょう。

キタサンブラックの人気と実力を考えると、1着は無理でも3着までには入る確率は高いとみていたのでこの点は思惑通りでした。

サトノダイヤモンドも予想には入っていたので問題はありませんでしたが、ゴールドアクターは拾っていなかったために読みは外れとなっています。

3連単フォーメーション25点で予想していましたが、3着馬がもう少し荒れるのでは?という読みであったために会えなく撃沈です。

もう少し荒れた展開であったならと言った思いはありますが、これが現実と受け止め気持ちを新たにしたいと考えています。

新春競馬から仕切り直しとなります。


posted by K at 05:39| Comment(0) | 競馬 情報会社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。